2012年1月9日

【福島原発】1月9日14:22頃、協力企業作業員 1名が体調不良を訴え治療を受けたが心肺停止状態

1月9日14:22頃、福島第一原子力発電所でコンクリート打設作業を行っていた協力企業作業員の60代男性が体調不良を訴え、治療を受けたが、心肺停止状態であることから、15:25に福島第一原子力発電所から総合磐城共立病院へ搬送されたことが、記者会見で発表されました。

以下の東京電力発表より。

福島第一原子力発電所での協力企業作業員の体調不良について(1月9日)[PDF]

*   *   *

 

[関連記事]

福島原発の男性作業員が死亡(5月14日)
福島原発で1週間ほど作業した作業員が急性白血病で死亡(8月30日)
作業員が死亡、3人目…東電「被ばくとの因果関係は考えにくい」(10月6日)

 

(2012年1月9日 19:03)