2012年1月16日

【支援】SAVE CHILDをご覧の皆様へ

私はインターネットで情報を発信していますが、これだけでは不安が拭えないと思い始め、ではどうしたらよいのか?と考え「西日本の食品を送ろう!」と思うようになりました。そこで7月にこちらの記事を書きました。(http://savechild.net/archives/4221.html

この記事を読んだ福島県のご家庭やその他の地域の方々からも多数のお問い合せがあり、皆さんが感じている不安を直接知る事ができました。そこで、西日本の野菜を送る実質的な支援の準備を始めました。

野菜を無料でお届けするにあたって、複数の農家の方を紹介していただき、直接会ってお話しし、実際に購入・発送をしてみたのですが、野菜の管理は難しく(野菜は鮮度が重要!)私が個人でできることには限界がありました。秋から「お米」のセシウム検出ニュースが報道されはじめ、私への「お米」のお問い合せも多く、「信頼できる業者を教えてほしい」という内容も多数ありました。しかし私が直接お会いしなければ業者をオススメする事ができないので、お答えできないでいました。その為、比較的管理が簡単でながく食べられる「お米」を無料でお送りする活動に切り替えました。

お米に関しては、これまで複数の農家さんやお米の業者さんとお会いして、私の思いをお伝えし、協力してくれるところを探し農家から直接買い付けた物をお送りできるようになりました。お問い合わせいただいたお父さん・お母さんとメールで直接連絡をとり、不安を感じている方を対象に、一家庭につき、子どもがしばらく食べて行ける量のお米をお送りしています。

これらの支援は、とても私一人の力では難しく、私の思いに賛同して下さった農家の方やお米屋さん、そして、皆さまのカンパによって実現することができています。(カンパの受け付けは終了しています。)本当にありがとうございます。

これまで、大々的に記事にはせずに支援を行ってきました。記事にする事によってカンパやお問い合わせが増えてしまうと、私一人ではとても管理しきれないと思った事が一つです。

もうひとつは、関東・東北の農家さんのお気持ちを配慮しての事です。子ども達に安心な食材が必要な事は、きっと関東・東北の農家さんも理解されていると思います。それでも、やはり悔しくてたまらないと思います。九州の農家の方とお話をしていても、九州の米や野菜を送ってあげたいが、その事によって関東・東北の農家さんの心を苦しめてしまうのではないかと危惧する声も聞かれました。

そこで、「西日本のお米を届けます!」とサイト上で記事にする事を避け、save childにお問い合わせメールをくださった方に直接連絡をとり、お送りする方法をとりました。今回記事にした事で、お問い合わせが増えるかもしれませんが、私にできるペースで対応していきたいと思っています。この支援は、皆さまからのカンパのお金を大切に使用し、引き続き行っていきます。また後日収支などのお知らせをしようと考えております。

この他にも、新しい支援の形を考え計画中です。近日ご報告できればと思います。

このようなサイトをしていると、いろいろな誹謗中傷を受けることもありますが、負けずに、これからも小さな安心をお届けすべく頑張ります。

 

福島県にお住まいの小さなお子様のいらっしゃるご家庭や妊娠中の方で、お米に不安を感じていらっしゃる方はご連絡ください。

food@savechild.net

(※携帯電話からのメールで、こちらからの返信を受け付けないアドレスがあります。もう一度ご確認の上、送信ください。ドコモとauのアドレスで返信できない場合が多いようです。)

 

 

(2012年1月16日 13:40)