2011年12月18日

【汚染】ストロンチウム、462兆ベクレルが海に流出

 

ストロンチウム、462兆ベクレルが海に流出

東京電力福島第一原発から事故後、海洋に放出された放射性ストロンチウムの総量は、少なくとも約462兆ベクレルになることが朝日新聞の試算でわかった。水産庁は魚介類への蓄積を調べるサンプリング調査の強化を検討している。

試算は東電などが発表した資料をもとに行った。4月に2号機、5月に3号機から流出した放射能汚染水については、流出源である両号機の建屋内のたまり水 に含まれる放射性ストロンチウムの濃度を、流出した水の体積にかけて算出。これらに、今月4日に流出が確認された処理水に含まれていたと見られるストロン チウムの量を足し合わせた。大気から海への降下量は含まれていない。

東電は4~5月に海に流出した汚染水中の放射性ヨウ素とセシウムの総量を推定約4720兆ベクレルと発表した。ストロンチウムの量はその約1割に相当する。

2011年12月18日3時2分 asahi.com

http://www.asahi.com/national/update/1218/TKY201112170581.html

以上はasahi.comより引用です。

これくらい含まれていても不思議はないですね。

でも、魚はセシウムしか測定しない。NHK ETV特集では、セシウムの他にも「放射性銀110m」なども検出されていました。ストロンチウムやプルトニウムもきちんと測るべきだと思います。

ネットワークでつくる放射能汚染地図4「海のホットスポットを追う

福島第一原発から飛散した主な放射性同位体(核種)全31種・放出量・具体的な人体への影響など